ベラジョンカジノにイカサマなんてない

ベラジョンカジノにイカサマなんてない

ベラジョンカジノは2011年2月26日に設立されたオンラインカジノです。
設立時はマルタ共和国でDumarca Gaming Ltd.という企業が運営をしていました。
2020年1月14日に送受信の高速化を目的にプラットフォームと呼ばれるシステムを変更、同時に運営企業はキュラソーのBreckenridge Curacao B.Vという企業に運営が変更となりました。

この運営会社変更は、Dumarca Gaming Ltd.からベラジョンカジノ部門を切り離し、新会社のBreckenridge Curacao B.Vに移行したためと言われています。
ライセンスもマルタ共和国ライセンスから、キュラソーのライセンスに変更となっています。

現在のベラジョンカジノの地位

現在のベラジョンカジノの地位

現在、日本語に対応したオンラインカジノは複数あります。
ベラジョンカジノが日本市場への参入したのは、2011年と比較的早期の参入オンラインカジノです。
ベラジョンカジノは様々なプロモーションを通じて数多くの日本人オンラインカジノプレイヤーを獲得しています。
そして、現在は最も多くの日本人が登録をするオンラインカジノの地位を確立しているのです。

オンラインカジノのイカサマ

オンラインカジノのイカサマ

オンラインカジノでは、ネット通信でカジノゲームを楽しむことからイカサマと呼ばれる不正があるのではないかとう疑われやすい状況にあるのは事実です。
しかし、仮にイカサマを行い、それが発覚してしまった場合はどのようになるのでしょう。
先ずはライセンスがはく奪されます。

ライセンスがはく奪されることは、オンラインカジノを運営できなくなることを意味します。
現在ベラジョンカジノは大きな収益を上げています。

しかし、ライセンスがはく奪され、オンラインカジノとしての運営が行えなくなればその収益が消えるだけでなく、獲得した多くの日本人オンラインカジノプレイヤーが競合するオンラインカジノに取られることにも繋がります。

よって、ベラジョンカジノがイカサマを企て、プレイヤーから小銭をとるような行為をするはずがないのです。
あまりにも損失が大きく、仮に裁判等に発展し、賠償となることをも想定すれば、リスクがあまりにも大きいという現実があるからです。

採用されているプロバイダー

ベラジョンカジノで採用されているプロバイダーは30社を超えています。
それぞれのプロバイダーは、ベラジョンカジノ同様にオンラインカジノゲームの配給に必要なライセンスを保持しています。

当然、プロバイダーがイカサマを企てても発覚すればライセンスを失い、同時にオンラインカジノゲームの配給が行えなくなります。
オンラインカジノへの賠償、プレイヤーへの賠償とオンラインカジノ同様に大きなリスクを抱えることとなり、プロバイダーもイカサマを行う理由がありません。

また、各プロバイダーも第三者機関と言われる外部機関の監査を受ける体制を整えています。
この第三者機関は、プログラムの不正、公平性、公正性、安全性を審査し、監督する機関です。
この機関の検査を通過しなければオンラインカジノゲームとしての配給が行えないようになっていますからイカサマの心配はありません。

代表的なプロバイダーの第三者機関は

代表的なプロバイダーの第三者機関は

ベラジョンカジノが採用する代表的なプロバイダーの第三者機関を確認してみることにします。
ライブカジノを配給するエボリューションの第三者機関は、「Gaming Laboratories International」です。
マイクロゲーミングは、「eCOGRA」、プレインゴーは、「Gaming Laboratories International」と必ず第三者機関の検査を受ける体制を整えています。

つまり、ベラジョンカジノでプレイできるカジノゲームは全て、第三者機関によって検査を受け、不正がないことが確認されたゲームなのです。
よって、イカサマはあり得ないことになります。

ランダム・ナンバー・ジェネレイター

ベラジョンカジノに提供されているオンラインカジノゲームはランダム・ナンバー・ジェネレイターを搭載しています。
このランダム・ナンバー・ジェネレイターは、乱数発生器と言われるものです。
1ゲームごとにランダム抽選が行われる仕組みで、ペイアウト率をも守るように作られています。

これにより、仮に不正プログラムを利用しようとしても、必ずランダム抽選が行われてしまうので不正プログラムが機能しません。
また、このランダム・ナンバー・ジェネレイターに手を加えようとしても、ベラジョンカジノに設置されているわけではないので手を加えることは不可能です。

もちろん外部からのアクセスも不可能です。
ベラジョンカジノではすべてのゲームにこのランダム・ナンバー・ジェネレイターが使用されているのでイカサマのやりようがないことが分かります。

まとめ

ベラジョンカジノでは、イカサマがないと断言できます。
その理由の1つがイカサマを行った際のリスクがあまりにも大きすぎる点にあります。
そして、採用されるプロバーダーが第三者機関による監査を受ける体制を整えており、同時にランダム・ナンバー・ジェネレイターを採用しているのでイカサマが入る余地がないのです。

プロバイダーにおいてもイカサマはリスクが大きすぎ行えません。
ベラジョンカジノでは、オンラインカジノライセンス、第三者機関、ランダム・ナンバー・ジェネレイター、そして企業としてのリスクの側面から考えてイカサマは絶対に行わないと断言できることになるのです。



Leave a Reply

Your email address will not be published.

*
*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。